育毛シャンプーは弱酸性?アルカリ性?

アジサイの画像

よくCMで「弱酸性」という言葉を聞きます。

肌と同じ弱酸性がいい。ということらしいですけど、育毛シャンプーを売っているサイトで、「弱酸性」とかで売り文句にしていることってあんまりないんですよね。

どうしてでしょうか?ちょっと調べてみると、「酸性度について触れない理由」がありました。

頭皮は弱酸性。

まず体の酸性度というものについてちょっと触れます。身体の部位によって酸性度は違い、胃腸は酸性。血液はアルカリ性を示します。

体調の変化によって酸性度は変化していき、全体の酸性度がアルカリ性または酸性に傾きすぎると、体調をくずしてしまいます。

頭皮は基本的に弱酸性を示します。理由は脂肪酸にあります。食物を摂取することで、脂肪酸が吸収され、肌の皮脂として分泌されたり、肌の細胞にもなったりします。この脂肪酸の影響により、肌は弱酸性を保っています。

アルカリ性のシャンプーだと取り除きすぎる!

タンパク質は、アルカリ性の洗浄成分に触れると乳化(石鹸化)が起きて、水に溶けるぐらい結合が弱くなってしまうという性質があります。

アルカリ性のシャンプーを使うと、この効果が頭皮でも起こります。

頭皮の皮脂はもちろん頭皮表面のタンパク質にもアルカリ性洗浄成分と乳化し、溶けだしてしまうのです。

必要以上の皮脂を取り除き、頭皮への負担を増やしてしまいます。

「アルカリ性のシャンプーは使うな!」という訳でもない。

弱アルカリ性のシャンプーは必ずしも頭皮に悪いという訳ではありません。

敏感肌や肌荒れで悩んでいる人に石鹸系の弱アルカリ性シャンプーを勧める方もいます。

理由は「回復力」です。

アルカリ性シャンプーによって、頭皮が軽いアルカリ性になります。

時間が経って弱酸性へと戻っていきますが、その際の回復力には免疫力を底上げするという効果もあります。

頭肌の抵抗力を向上させるために、弱酸性のシャンプーの使用を辞めて弱アルカリ性シャンプーに替えた途端、頭皮のトラブルがなくなった人もいます。

頭皮に悪い弱酸性シャンプーもある?

今はアルカリ性の洗浄成分であっても、クエン酸などを加えてごり押しで弱酸性にしているものもあります。

当サイトでは硬く使用を禁じている「石油系界面活性剤」「高級アルコール系(サルフェート)洗浄成分」が入っているシャンプーでも、クエン酸や様々なph調節剤を加えて弱酸性にしているものもあります。

「あ!!弱酸性って書いてある!!買おうっと!!」(^p^)

というのは本当にやめてください。

「弱酸性」の「アミノ酸シャンプー」を買うこと!!

ポイント!!

弱アルカリ性のシャンプーは免疫力を鍛えることはできますが、普通の頭皮を持っている人には必要ありません。

育毛のためなら、弱酸性のシャンプーを使いましょう。頭皮に負荷がかからずに育毛シャンプーの栄養を毛根に与えることができます。

特におすすめしたいシャンプーとして、「入っている洗浄成分は、アミノ酸系だけの弱酸性シャンプーを選びましょう。

アミノ酸系洗浄成分は、植物性脂肪酸から製造されているので弱酸性です。

頭皮のことを思って、しっかりと育毛したいなら、アミノ酸シャンプーを選びましょう。決して石油系洗浄成分とかがさりげなく入っているようなものを選ばないようにしてくださいね!!

アミノ酸系育毛シャンプーがほしい人へ!

当サイトTOPページの「育毛シャンプー検索」では、育毛シャンプーの絞り込み検索ができます。

アミノ酸系だけしか使っていないもの、弱酸性のもの、口コミで評判がいいもの、「頭皮が脂っぽい」などの様々な検索条件がプラスできます。

めんどくさい方はこちら

⇒「検索条件 商品名:なし内容量:200ml以上種類:アミノ酸系シャンプー 弱酸性 石油系界面活性剤不使用 鉱物油不使用 サルフェート不使用 口コミ評価順」の結果一覧ページへ行ってみる!!