育毛シャンプーはノンシリコンを選んだほうが頭皮にいいの?

シリコーンオイルのイメージ画像

一度は効いたことがある「ノンシリコンシャンプー」という商品。以前は女性用のシャンプーとかに書かれていましたが、今は育毛シャンプーでもノンシリコンをこだわっている商品が販売されるようになりました。

ではノンシリコンの育毛シャンプーはシリコン入りのよりも優れているのでしょうか?そもそもシリコンの働きは何か知っていますか?もしかするとノンシリコンと書かれてあっても、あまり意味はないのかもしれませんよ?今回はシリコンの効果や、なぜ配合しないほうがいいのか?などを調べてまとめてみました。

ノンシリコンシャンプ―ってなに?

シリコンはケイ素を材料にして作られた合成樹脂のことであり、髪を乾燥や紫外線からのダメージを保護したり髪の軋みをなくす働きをもつコーティング剤としてシャンプーに配合されていますが、そのシリコンを全く加えていないシャンプーのことを「ノンシリコンシャンプー」と呼びます。

具体的には成分表に「ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シルキ」というワードが入っている成分が全く見当たらないシャンプーがノンシリコンシャンプーです。

何故シリコンシャンプーが問題になったの?

一時期はほとんどのシャンプーにはシリコンが入っていました。しかし、「シリコンは洗髪時に髪だけではなく、頭皮の毛穴に入り込んで毛穴を詰まらせて炎症を起こす」という噂が広まったことがきっかけでシリコン入りのシャンプーが使われなくなりました。

またシリコンが髪をコーティングする働きは、頭皮にも薄いバリアを張ってしまい、育毛シャンプーに含まれる栄養成分や、育毛成分の浸透を妨害するのではないかという理由で、現在でもノンシリコンの育毛シャンプーが販売されています。

ノンシリコンの育毛シャンプーがいいという訳ではない!

ノンシリコンシャンプーにはシリコンが入っていませんが、シリコンの代わりになる働きをもつコーティング剤が入っています。

育毛シャンプーでシリコンの代わりに使われているコーティング剤の例として「ポリクオタニウム-7~51」、「PPG-3カプリリルエーテル」などが挙げられ、また植物から抽出されたコーティング剤があり、「オレンジ油」や「ナッツ油」などの天然オイルを配合している商品があります。

しかしシリコン以外のコーティング剤は、安全性などが確認されていないものが多く、またシリコンと比べると乾燥や紫外線からのダメージを保護する働きが弱くて使っても髪がきしんだりチリチリになる場合が多いです。

長く使われているシリコンのほうが安全性が高いという意見もありますが、シリコンの優れた保護効果は髪を重くしてしまうデメリットがあり、一方保護効果が薄いコーティング剤を使っているノンシリコンシャンプーのほうが、髪が重くならずにある程度髪を太くさせるので髪のボリュームが増えやすいというメリットがあります。

ノンシリコンの育毛シャンプーをオススメしたい人は「髪が短髪で、カラーなどを入れていない人」ですね。髪を補修する必要がなく、ボリュームアップをしたい人には向いています。

一方シリコン入りの育毛シャンプーをオススメしたい人は「髪型がセミロング~ロングで髪を染めていたり白髪染めをしている人」です。コンディショニング効果は髪の補修だけではなく、髪を染めた色を保つ働きを持っています。

オススメのノンシリコンの育毛シャンプー3選!

ノンシリコンの育毛シャンプーの中で、高評価な商品をピックアップしました。髪がきしむなどの報告がなく、洗い上がりの髪がしっとりしているようなコーティング効果に優れた商品3つを紹介します。

MONOVOヘアトニックブラックシャンプー


コーティング成分として上記でも紹介したポリクオタニウム-7などが入っています。他にも天然のリンスと言える果実オイルが複数入っています。

ナプラ ケアテクトHBカラーシャンプーS


理髪店などで取り扱われているシャンプーで、パーマを入れたりカラーを入れて傷んだ髪を補修するたんぱく質「ヘマチン」という成分が配合しています。他にも、ポリクオタニウムー61や髪のコーティング効果があったり頭皮の栄養にもなるアミノ酸が入っています。

デミ ヘアシーズンズシャンプー カームリーウォッシュ


女性用に作られたシャンプーであり、アミノ酸はもちろん、ポリオクタニウムに髪の補修と頭皮の栄養補給を同時におこなう加水分解卵殻膜という成分が配合しています。

まとめ

薄毛対策のために育毛シャンプーを買っていますが、やはり手触りとかきしみは気になるものですよね。一度シリコン入りのシャンプーとノンシリコンシャンプーのサンプル品を薬局とかでもらって試してみた後に、育毛シャンプーを選んでみてはいかがでしょうか?