自分に適した頭皮ケアができる育毛シャンプーを教えます!!

育毛シャンプーを使っている男性

薄毛をやハゲを治すために、頭皮ケアをすることはとても大切です。薄毛・ハゲで悩んでいる人の頭皮の状態は悪化している場合が多く、その状態で育毛剤などを使っても全く効果が出ない場合もあります。

今回は育毛シャンプーの頭皮ケア効果のことについてや、頭皮の状態別に頭皮ケアできるオススメしたい育毛シャンプーの特徴について話していきます。

育毛シャンプーの頭皮ケア効果は大きく分けて3つ!!

3本の指を立てている男性

育毛シャンプーは洗うだけで様々な効果を頭皮に与えてしっかりとした頭皮ケアをすることができ、具体的な育毛シャンプーの頭皮ケア効果は3つに分けられます。

頭皮を刺激を与えずに洗浄する

薬局やドラッグストアで売られているシャンプーは必要以上の皮脂まで取り除いて頭皮の深部にダメージを与えて軽いかゆみや小さいフケを発生させる場合があるのですが、育毛シャンプーは洗浄する力(洗浄力)が調整されているので、頭皮にダメージを与えることなくしっかりと清潔に保ちつづけることができます。

頭皮のバリア機能を高める

バリア機能は肌表面にある角質層が持つ乾燥や紫外線、雑菌を防ぐ働きのことで、薄毛に悩んでいる人の頭皮のバリア機能はかなり衰えています。育毛シャンプーには化粧水などに含まれている保湿成分が多く配合されており、乾燥を防いでみずみずしい頭皮を目指すことができます。

雑菌の繁殖を防ぎ、フケやかゆみ、イヤな臭いを防ぐ

頭皮から分泌される皮脂は汗と混じると雑菌のエサになり、酸化した油の匂いやかゆみ、最悪炎症が起こって薄毛やハゲが悪化してしまいます。育毛シャンプーは雑菌の繁殖を防いで炎症を抑える効果がある天然のエキスが豊富に入っているので、トラブルのない健康な頭皮を目指すことができます。

頭皮ケアにオススメの育毛シャンプーをご紹介します!

頭皮ケアを行える育毛シャンプーですが、頭皮の状態は人それぞれであり、状態にあった育毛シャンプーを使うとより頭皮ケア効果が発揮されます。

そこで頭皮の状態別にオススメしたい頭皮ケアができる育毛シャンプーをいくつか紹介してみようと思います。自分の頭皮を触ってみたり、触った手を見て何かついていないか確認したり、嗅いでみたりして、頭皮がどんな状態であるか確認してください。

頭皮がべたついたり、脂汗をよくかく。

触るとぬるっとしていたり、頭皮がテカっている人は皮脂が多く分泌される脂性肌の可能性が高く、野菜を食べずに脂っこい食べ物ばかり食べる人が脂性肌になったり、頭皮が乾燥している状態が続くと脂性肌になります。

そんな脂性肌の頭皮をケアしたい人にオススメしたい育毛シャンプーはプレミアムブラックシャンプーという商品です。

ほとんどの育毛シャンプーは市販のシャンプーよりも非常に洗浄力が低く、脂性肌の人が使うと十分に汚れを取り除けない場合があるので、皮脂を取り除く効果がある泥の炭が配合しているプレミアムブラックシャンプーをつかえば、しっかりと皮脂を取り除くことができ、健康な頭皮を目指すことができます。

頭皮がカサついたり、指で触ると小さなフケがついている。

頭皮や髪がガサガサしていたり、指で頭皮をぎゅっと押しつけた後に指の腹を見てみると、わずかに白いほこりみたいな粉状のものがついている人は、軽度の乾燥肌になっている場合があります。

乾燥肌は文字通り頭皮に水分がない状態であり、乾燥している季節になると誰でもなりえます。改善するためには洗髪後に化粧水を頭皮につけたりするのもいいですが、育毛シャンプーの中でも保湿効果が高い商品を使って頭皮ケアを行いましょう。
オススメの育毛シャンプーはオアシス 天然シャンプーです。


配合している保湿成分の数が多く、ニベアクリームを塗ったようなしっとり感が味わえますが、洗浄力が非常に低いのでシャンプーをする前にしっかりとすすぎを行う必要があります。

頭皮が酸化した油のような臭いがする。

頭皮のあのイヤな臭いは、雑菌が繁殖するときに発生するガスが発しています。頭皮は雑菌の温床になりやすい部分であり、乾燥肌、脂性肌のどちらかになってしまうと雑菌が繁殖しやすくなります。皮脂が余分に分泌されている脂質肌の状態だと、皮脂は酸化されていき、汗と混じって雑菌のエサになります。

乾燥肌の場合、フケが雑菌の養分となって増殖し始め、また乾燥肌の頭皮は抵抗力が極端に落ちているので、雑菌が毛穴の隙間に入り込み、臭いをきつくさせたり、炎症を起こしたりします。

さてどう臭わないようにケアするかですが、抗菌・殺菌作用を持つ薬草エキスが入っている育毛シャンプーを使いましょう。殺菌効果の持つ有効成分が配合している育毛シャンプーがありますが、殺菌効果を持つ有効成分は、働きが強すぎて頭皮に必要な菌まで殺してしまう場合もあります。

オススメしたい育毛シャンプーはMONOVOプレミアムブラックシャンプーです。


脂性肌でも乾燥肌でもしっかりと汚れを取り除ける洗浄力があり、そして抗菌作用を持つ天然のエキスが30種類以上配合しています。香りもアロマオイルのようなさわやかな香りがずっと漂うようになるので臭いの改善に効果的なシャンプーと言えます。

大きいフケやかゆみが発生している。

この頭皮の状態は極度の乾燥肌か、脂性肌になっており、頭皮は抵抗力もなくなっている状態です。頭皮のかゆみやべたつきをそのままにしていたり、頭皮ケアもせずに不衛生でいたりすると、頭皮の角質を作る器官は衰弱して不十分で剥がれおちやすい角質を作り、大きなフケやヒドいかゆみを発生させます。この状態は本当にまずいです。毛根の働きがガク落ちして、髪の毛が痩せていきます。

そこで育毛シャンプーを!と言いたいですが、正直、皮膚科に行った方がいいと思われます。育毛シャンプーに含まれる保湿成分、抗菌・殺菌成分では歯が立ちません。フケ・かゆみ治療専用のシャンプーはありますが、完治するために長い使用期間が必要です。病院に行って医薬品を処方してもらった方が早く治せます。

頭皮が動かない、硬い。

頭皮の状態を確認する方法として、頭皮の柔軟性を知ることが大切であり、年齢や頭皮環境の悪化によって細胞が痩せて硬くなってきます。頭皮柔軟性がないということは、水分があまり含まれていない、栄養不足な状態だと言えます。

しかし柔らかすぎるのも危険です。頭皮でぶよぶよしている部分があるとき、血液の滞りが起きているケースがあります。頭皮を柔らかくしなきゃと毎日力入れまくって頭皮を動かした結果、頭皮内部の毛細血管が破裂し、血液が溜まっている場所が出来てしまいます。

グッ!グッ!と揉むのではなく、首にある血液を押し挙げていくように、細かく、優しくマッサージしましょう。また育毛シャンプーに含まれる保湿成分や栄養を与える天然素材のエキスは頭皮の軟化を助けてくれるので、ちょっと頭皮が硬いなぁと思った方は、配合している天然成分が多めのシャンプーを選んで頭皮ケアを行いましょう。

血行を上げるシャンプーとしてオススメしたいのはケフトルアミノシャンプーです。


遠赤外線効果を持つベントナイトと言われる鉱石が粒状になって配合されています。じわじわと暖かくなり頭皮の血行を促していきます。

しっかりとした頭皮ケアを行える育毛シャンプーの使い方。

自分の頭皮に合った育毛シャンプーを選べた人は、正しい育毛シャンプーの使い方を覚えましょう。
しっかりとした仕方を覚えないと育毛シャンプーが持つ頭皮ケア効果が十分に引き出せずに、場合によっては育毛に悪影響を与える場合があります。

シャンプー前に汚れを大まかに取り除く。

育毛シャンプーは汚れを取り除く働きが非常に抑えられているので、シャンプーを使う前に大体の汚れを取り除く必要があります。

まずブラッシングを行いましょう。プラスチック製のものでもいいのであまり力をかけずにブラシをかけてください。このブラッシングで頭皮の5割の汚れは取りのぞけます。

そしてシャンプーを使う前にすすぎを行います。皮脂や汚れは大体40℃近いお湯で取り除けます。このすすぎで汚れの5割は取りのぞけます。

シャンプーは髪で泡立てずにシャンプーネットを使う。

育毛シャンプーは頭皮に良い効果を与える成分が豊富に含まれていますが、原液のまま頭皮につけると引っ付く性質を持っています。そのまま洗い流せずにいると育毛シャンプーに含まれるアルカリ性の成分によって炎症を起こしてしまいます。

そこで洗い流しやすくするためには泡立てネットなどで泡状にする必要があるのです。また泡状にすることで頭皮全体にシャンプーが行き届きやすくなります。頭皮の血行を高めるためには頭皮全体の環境を良くする必要があるので、しっかりと泡立て使いましょう。

2~3分パックする。

泡立てて、髪と頭皮につけてすぐ流してしまうのはもったいないです。育毛シャンプーに含まれる栄養成分をしっかりと浸透させるには顔のパックのように漬け置きをする必要があります。

紙を染めるときに使うヘアキャップを使えば顔にシャンプーが垂れずに済みます。本でも読んでしっかりと馴染ませましょう。

育毛シャンプーを使うなら、この3つのポイントは必ず守りましょう。もっと詳しく知りたい方は「育毛シャンプーの正しい使い方とは?間違えると薄毛の原因に!」に書いています。カンペキを目指したい人は参考にしてください。

まとめ

頭皮の状態は繊細です。常日頃頭皮の様子を見て、その状況に対応した育毛シャンプーを使って頭皮ケアを行いましょう。特に季節の変わり目には湿度や気温が一気に変わって頭皮の状態もガラッと変化する場合があります。

脂性肌だった人がいきなり乾燥肌になったり、乾燥肌が悪化して粉のような小さいフケが発生している場合もあるので注意してください。