頭皮の皮脂が多くてベタつく人向けの育毛シャンプー利用法とは?

脂性の男性

男性の多くが気にしている頭のテカり!特に髪が薄くて悩んでいる人の頭皮ってどうしてもテカりがちなんですよね。頭皮がよく見えるというのもあるんですが、頭皮から皮脂でベタベタになっているのもテカる原因です。

なんでこんなに皮脂が多く出るのでしょうか?……実は皮脂は「頭皮を守る」ために多く分泌されているんです。今回は皮脂の役割や皮脂が多く出る理由、テカりをなくす方法について調べてみました。

皮脂の働き

皮脂は食べたものに含まれる脂肪酸が血管を通って皮脂腺という器官から分泌されます。なぜ皮脂線から皮脂が分泌されるのかと言うと、それは頭皮に含まれる水分を保ち、あらゆる刺激から守る働きを持っているからです。

頭皮の細胞が乾燥してしまうと様々な機能が低下していきます。毛根の育毛する働きが衰えてしまったり、細菌や紫外線へのバリアとなる角質の生成が十分にできなくなってしまいます。

育毛のサポートや頭皮の乾燥を防ぐために、皮脂は分泌されることはわかりました。しかしなぜ皮脂が多く分泌されるようになってしまったのでしょうか?

皮脂が多く出る原因は、毎日頭を洗っているから?!

シャワーを浴びている男性

皮脂の分泌量が増える原因として、皮脂を取り除きすぎることが挙げられます。頭皮は皮脂が少ない状態になると頭皮は乾燥を防ぐためにより多くの皮脂を分泌するように働きます。この悪循環を繰り返した結果、テカる程過剰に皮脂が分泌されるようになってしまうのです。

頭皮の皮脂を取り除く方法は様々ありますが、特にシャンプーによって皮脂を多く取り除いてしまうケースが多く、洗浄力が低い育毛シャンプーでも毎日使うと皮脂を過剰に取り除きすぎてしまう場合があります。

皮脂はお湯ですすぐだけでも頭皮全体の7~8割は取り除くことができるので、日を空けて育毛シャンプーを使うことが頭皮に優しい利用法だと言えます。

育毛シャンプーでも毎日使うのはNGだということはわかりましたが、毎日育毛シャンプーをしないと、頭皮から嫌な臭いがしてこない?という心配もあります。

育毛シャンプーを使う間隔を空けても臭くならない!逆に臭いが収まる!?

頭皮のイヤな臭いは雑菌の繁殖によって発生し、空気中にいる雑菌が皮脂と汗が混ざった垢をエサにし、排出物としていやな臭いの元であるガスを出していきます。

「じゃあやっぱり皮脂は育毛シャンプーで毎日取り除くべきじゃないか?!」と思いますが、過剰に分泌している皮脂と汗が混ざっている垢が、雑菌のエサになります。適度に分泌された皮脂は、頭皮の免疫力となる常在菌のエサになったりして臭いは発生しないようです。

皮脂が過剰に分泌すると、常在菌は食べきることができずに、雑菌がエサにしてしまい、臭いが発生してきます。しっかりと皮脂を分泌量を抑えることができれば、テカリも防げますし、頭皮の臭いもなくなるということです。

1日おきに育毛シャンプーをするのがベスト?!

1を持っている男性

頭皮が脂っぽい人は、育毛シャンプーで毎日洗うことを控えたほうがいいですね。ですが、いろいろ調べていくと「3日に1回育毛シャンプーを使おう」とか、「育毛シャンプーは1週間に1回にすべき」とか様々な意見がありました。

僕としては、とりあえず1日おきに育毛シャンプーをやってみたほうがいいかなと思います。いくら洗いすぎとは言え、育毛シャンプーの洗浄する働きは普通のシャンプーを比べるとかなり抑えられており、2日おきに育毛シャンプーを使うと洗い残しができてしまいます。

1日おきに育毛シャンプーを使っても、テカりが引かない場合は2日おき・・・と少しずつ育毛シャンプーを使う間隔を空けて、皮脂を抑えていきましょう。