市販シャンプーは危険?!使い続けると薄毛の原因に…。

薬局のシャンプーコーナー

スーパーや薬局で売られているような市販のシャンプーは、安くて大容量ですよね。対して育毛シャンプーは市販のシャンプーに比べて高いし、内容量が少ない!!だから育毛シャンプーを買えずに市販のシャンプーで済ましている人が多いと思います。

しかし、市販のシャンプーが薄毛・ハゲの原因になる場合があります。とても危険なんですよ?!せっかく育毛剤とか医薬品とか使っているのに市販のシャンプーを使っていることで台無しになっているかも・・。

今回は非常にシンプルな内容であり、市販のシャンプーの危険性について話してみます!

市販シャンプーは髪と頭皮にダメージを与える!!

万力に締められる男性

まずシャンプーには水と洗浄成分や、保護成分、防腐剤などが配合していて洗浄成分は頭皮の皮脂や角質を取り除き、保護成分は頭皮の潤いや髪の毛のキューティクルを保つ働きがあります。そのほか有効成分と呼ばれる、国が効果を認めた強力な成分が含まれている商品があります。

さて、市販のシャンプーがなぜ安いのか。それはめちゃめちゃ原価が安い洗浄成分を使用しているからであり、「石油系洗浄成分」「植物性洗浄成分」と呼ばれる洗浄成分は原価がものすごく安く、よく市販のシャンプーには使われています。

市販のシャンプー以外にも、食器用洗剤お風呂用洗剤などにも使われていたりします。皮脂や汚れを取り除く働きが極めて高いので、しつこいケチャップや油の汚れもつるりと洗い流すような強力な洗浄成分を、市販のシャンプーは使っているのです。食器洗いをすると手荒れを起こしたり、皿洗いのバイトをしていると洗剤のせいで指紋が薄くなるとか言われますよね。髪を洗うのに、そんなのをつかったらそりゃあ髪がきしんだり、頭皮がガサガサになりますよ。

頭皮の皮脂や角質は除去しすぎると炎症を起こしたり、フケを発生させやすくなります。強すぎる洗浄成分は、頭皮のトラブルを起こしやすくし、さらに毛根の働きを阻害する場合もあるのです。

市販シャンプーには偽アミノ酸シャンプーがほとんど!

ピエロ

当サイトでは、頭皮に優しい洗浄成分として、「アミノ酸系洗浄成分」「ベタイン」などを推奨しています。これらの洗浄成分は、洗浄効果が、強すぎず、頭皮にダメージを起こしにくい特徴があります。

市販のシャンプーにも「アミノ酸シャンプー」を売り込みにしている商品がありますが・・・・ほとんど偽物のアミノ酸シャンプーだと行ってもいいと思います。

成分表を見ていると、アミノ酸系洗浄成分以外にも、石油系や植物系などの洗浄成分が配合している商品がほとんどです。いくら頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分が配合していても、強すぎる洗浄成分が配合していたら意味がありません。

また、商品に入っている成分は全て成分表に表記する必要があります。しかし成分量が多い順には表記されていません。見た目成分表左上にきている成分が最も多く入ってそうに見えますが、そういう訳ではなく、堂々と「アミノ酸シャンプー」や「アミノ酸洗浄成分配合」と広告されていても、もしかするとアミノ酸洗浄成分が全容量の1割も満たないぐらいの量しか入っていない場合があるのです。

市販のシャンプーは、本当に、やめておいたほうがいい。

指で×を作っている男性

市販のシャンプーは、安いです。なので、買ってくれる人が多くいます。「たとえクソみたいな洗浄成分が配合していても、有効成分が1割にも満たない量で配合していても、安いから買ってもらえる。」そんなメーカーの思惑が詰まった市販のシャンプーを、貴方はまだ使いますか?私は使いません。