もう迷わない!効果があって安い育毛シャンプーを買うポイントとは?!

金のポーズをする男性

突然ですが育毛シャンプーを買おうとして、色々考えた結果、諦めたことはありませんか?

「効果がありそうだけど高いよ…。」「たかがシャンプーにそんなにお金をかけれない…。」

など興味があっても、値段の問題で仕方なく育毛シャンプー購入をあきらめた方が多くいらっしゃると思います。

確かに薬局で売られているシャンプーは700円ぐらいで購入できますが、育毛シャンプーは安くても1000円以上、高ければ10000円以上します!なかなか手を出しにくい商品ですよね?

なるべく安くて、しかも効果がある育毛シャンプーが欲しい!そんな人のために、84種類育毛シャンプー評価した中でわかった、コスパのいい育毛シャンプーを探すポイントを教えます!!

効果がある一番安い育毛シャンプーの価格は4000円から!それ以下の値段の育毛シャンプーは買うな!!

育毛効果がある育毛シャンプーの特徴として

  • アミノ酸系などの頭皮に刺激を与えない洗浄成分しか入っていない
  • 育毛効果のある天然成分が多く入っている

この二つの特徴を持っている商品です。各成分の説明を交えて、なぜ4000円以上なのか説明していきますね。

アミノ酸系などの頭皮に刺激を与えない洗浄成分しか入っていない

洗浄成分は頭皮の汚れや、余分な皮脂を取り除く効果を持ち、育毛シャンプーには必ず頭皮に優しい洗浄成分が入っています。しかし、この頭皮に優しい洗浄成分は非常に原価が高く、多く配合させればさせるほど、価格が跳ね上がります。

4000円未満の育毛シャンプーの中にも、頭皮に優しい洗浄成分が入っている商品がありますが、普通のシャンプーに入っているような粗悪な洗浄成分が混ざっている可能性が高いです。

一方、4000円以上の育毛シャンプーに配合されている洗浄成分は、頭皮に優しいものだけになるという傾向があることがわかりました。

例えば「スカルプD オイリー」という育毛シャンプーは、値段が税込みで3,900円と4000円未満の商品です。


CMや広告で取り上げられている有名な商品ですが、脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液(アミノウォッシュ)という、脂を取り除く力が高い洗浄成分が配合されています。

脱脂力が強いこのシャンプーを使うと、過剰に頭皮の脂を取り除いて育毛効果は得られずに、逆に頭皮環境が悪化してしまう人が多くいます。

4000円未満の安い商品は、そんな行き過ぎた洗浄力を持っています。

一方4000円以上の育毛シャンプーの例として「プレミアムブラックシャンプー」という商品は、頭皮にダメージを与える要素が一切入っていません。


頭皮に良いアミノ酸系洗浄成分だけを多く配合しているので、販売価格も高めの税込み4,800円で売られています。決して安い商品ではないですが、育毛効果が欲しい人はプレミアムブラックシャンプーを使ったほうがいいでしょう。

育毛効果のある天然成分が多く入っている

また、4000円以上の育毛シャンプーには植物から抽出された天然成分が豊富に入っていることが挙げられます。

商品によっては育毛剤に入っている天然成分が使われている育毛シャンプーもあります!

4000円未満の育毛シャンプーにも4~5種類天然成分が入っていますが、4000円以上になると配合している量と種類が全然違います。

4000円以上になると10種類以上の天然エキスが入っている商品が多く、さらに�育毛効果があるとされる成分が豊富に入っている場合が多いです。しっかりと薄毛やハゲの対策をしたい人は、より多くの天然成分を毛根に与えることでより早くしっかりと実感できるようになります。

この二つの根拠から、一番安くてさらに効果がある育毛シャンプーの価格のラインは4000円だと僕は思います。

6000円以上になるとちょっとボッってる。または過剰に成分を入れすぎている。

6000円以上の育毛シャンプーになると、かなりの効果があるのでは?!と思ってしまいますが、高すぎても効果があるとは限りません。

6000円以上の育毛シャンプーの特徴として、

  • 育毛に関係がないような成分を過剰に配合している
  • 保存や使用方法を注意しないと逆効果になる場合がある。

育毛に関係がないような成分を過剰に配合している

6000円を超える育毛シャンプーには独自なものが入っていたり、100種類以上の育毛成分が配合されていたりします。しかし、入れすぎです。いくら豊富な天然成分が入っていても、多すぎると成分単体の配合量は、ほんのわずかしかなくなります。

それぞれの成分が持つ効果が十分に発揮されません。

また6000円以上になると、頭皮に一切の刺激を与えないように、汚れを取り除く洗浄力が非常に低くてさらに保存料なども入っていない場合が多いです。

洗浄力が低くなるとシャンプーをする前にしっかりとすすぎをする必要があったり、ヘアパックなどか手間がかかることをしないと、洗い残しができて炎症やフケを発生させる場合があります。

保存や使用方法を注意しないと逆効果になる場合がある。

また保存料を全く使わないシャンプーもあり、使った後は乾燥した冷蔵庫に保存して、さらに1~2か月以内に使い切らないといけないなどの制約が多くあります。

6000円以上の育毛シャンプーは育毛シャンプーを使いこなしている上級者向けの場合が多いです。始めて育毛シャンプーを使う人がそんなシャンプーを使ってしまうと損をしてしまいがちです。

公式サイトのみで買おうとしない。ほかの販売サイトでどれだけ安いか見てみる。

僕がオススメした価格帯は4000~6000円ですが、あくまでも定価の話です。商品を販売しているサイトによっては4000円以下で購入できる可能性があります。

一度、シャンプーの名前をコピーして、検索にかけてみてください。Amazonなどのショッピングサイトでさらに安い価格で販売している可能性があります。

ある程度(400~500円)安いなら買うべきですが、1000円以上安い価格になっているものは注意です。そんな育毛シャンプーは製造されてから売られずに保管されて、消費期限が来ているものかもしれません。

また、商品サイトによっては公式ではなく他の販売業者から売られている場合があります。初期不良などの問題もあるので、なるべく買わないほうがいいかもしれません。

育毛シャンプーのために、最低3万は用意する。

3本のゆびを立てている男性

安い育毛シャンプーの価格帯はわかったと思いますが、買う前にとりあえず3万は用意したほうがいいと思います。

育毛シャンプーは大体2~3か月で1本使い切ります。そして僕は同じ育毛シャンプーを使い続けて1年半ほどかかってやっと効果が出ました。

1本3か月使える育毛シャンプーだったので、6本使いました。安い4000円のシャンプーでも2万4千円ほどかかるということになります。

いくら安い育毛シャンプーを買うことが出来ても、育毛効果が出るまでかなりの時間がかかります。最初に「育毛シャンプー代」として3万の用意しといたほうが覚悟ができます。