乾燥肌を防ぐ育毛シャンプーを選ぶための3つのポイントとは?

痒がっている男性

薄毛対策のために育毛シャンプーを使っている人は多いでしょう。

でも使っていると頭に軽いかゆみがあったり、頭皮の一部の色が赤くなったりしていませんか?もしかすると乾燥肌になっているかもしれません。

頭皮が乾燥肌になってしまうと、育毛に悪影響を与えて薄毛・ハゲを悪化させてしまう場合があります。乾燥肌が起きる原因として、洗髪後のドライヤーのしすぎや、洗髪時にすすぎ過ぎているとかもありますが、乾燥肌になりやすい育毛シャンプーを使っているケースもあります。

今回は乾燥肌になりやすい育毛シャンプーの特徴や、頭皮の乾燥肌を防いだり改善する育毛シャンプーの特徴などについて説明していきます。

洗浄力が強い育毛シャンプーは乾燥肌になりやすい?!

頭皮の乾燥を起こす原因として、シャンプーに含まれる頭皮の皮脂や汚れを取り除く効果(洗浄力)が強すぎることが挙げられます。

一般的に薬局などで売られているシャンプーには石油系洗浄成分という、脱脂効果が非常に強いものが使われています。

育毛シャンプーでは「ラウレス硫酸Na」や「ラウリル硫酸アンモニウム」、「スルホン酸ナトリウム」などの名前で配合しています。育毛シャンプーごとで微妙に名前が違ったりしますが、「硫酸」「スルホ」と書かれているものはほとんど石油系洗浄成分です。

この成分は石油や植物油から作られており、油を分解して取り除く働きが強すぎる傾向があります。さらに分子の大きさが小さいので肌に浸透しやすく、頭皮の水分が抜けないようにするたんぱく質まで洗い落としてしまい、頭皮の乾燥を悪化させます。

また石油系以外にも乾燥肌になりやすいものがもう一つあります。それは「石鹸系洗浄成分」と呼ばれるものです。「水酸化Na」が入っている育毛シャンプーは石鹸系洗浄成分が入っています。

石鹸系洗浄成分は水酸化ナトリウムと脂肪酸、植物油や石油、塩化Naなどと組み合わさって生成されます。石油系洗浄成分と比べると油を分解する働きは低めですが、アルカリ性を示しており、弱酸性である頭皮には強い刺激を与えてしまいます。クエン酸などで中和されている場合もありますが、あまり使用しないほうがいいでしょう。

石油系洗浄成分と石鹸系洗浄成分が入っている育毛シャンプーは春や夏などの良く汗をかく季節では難なく使うことができますが、乾燥しやすい秋や冬に使っていると、健康な頭皮であっても乾燥肌になりやすい系傾向があります。

乾燥肌を防ぐ育毛シャンプーの”3つ”のポイント

3本

頭皮は乾燥を起こしやすく、また洗浄力が強いシャンプーを使うとさらに悪化する場合があり、そんな乾燥肌を防げる育毛シャンプーの特徴を紹介します。大きく分けてポイントは3つほどです。軽いかゆみが出ている人はなるべく早く次の特徴にあてはまる育毛シャンプーを使ってみましょう。

アミノ酸系洗浄成分だけを使った育毛シャンプー

頭皮の構成するアミノ酸でできているアミノ酸系洗浄成分だけを使った育毛シャンプーは、過剰に皮脂を取り除くことなく洗浄することができます。また、アミノ酸系洗浄成分は保護効果があります。皮脂と同じく、頭皮の中に含まれる水分が抜けるのを防いでくれます。

洗浄成分がアミノ酸系だけの育毛シャンプーはデメリットとして価格が高めです。なるべく安いものを選んでもMONOVOヘアトニックブラックシャンプーという商品は4500円もします。

薬局で購入できるシャンプーと比べると非常に高価ですが、改善効果は抜群です。2か月分の乾燥肌の治療薬として使ってみてはいかがでしょうか?

保湿成分を豊富に配合している育毛シャンプー

育毛シャンプーと言われるものは、育毛に大敵である頭皮の乾燥に対抗して天然の保湿成分を配合しているものが殆どです。保湿性の高いシャンプーを使うことで乾燥から頭皮を守ることができます。

育毛シャンプーには基本的に乾燥肌を防ぐ効果をもつ成分が入っていますが、特に乾燥肌を改善する効果が高いのはローマカミツレ花油やユーカリ油などの天然のオイルです。なるべく多くの種類のオイルが入っているとその分保湿効果は高くなります。

豊富な保湿成分を配合しているオススメのシャンプーは「オアシス 天然シャンプー」という商品です。ツバキ油を始めとした豊富な天然由来の保湿成分が配合されています。また洗浄する働きが低く調節されており、ダメージを受けやすい乾燥肌以外の健康な頭皮にはオススメできません。

添加物や天然のエキスもあまり使っていない育毛シャンプー

万年乾燥肌の人、花粉症などのアレルギーを起こしやすい敏感肌の人に、オススメします。乾燥してくると、乾燥肌や敏感肌の人は保湿成分や頭皮に優しい洗浄成分であっても軽い炎症を起こして乾燥を悪化させてしまう場合があります。

ちょっと痒みがある人は一旦、洗浄効果とコンディショナー効果があるものしかない、シンプルな育毛シャンプー使ってみてはいかがでしょうか?乾燥が改善されかゆみがピタッとが引くかもしれません。

オススメしたいのは無添加であることを売りにしている「カウブランド 無添加シャンプー」です。無添加といっても合成ポリマーなどのコンデショナー成分や、腐敗を防ぐ防腐剤が入っていますが安全性は高く、敏感な肌でもアレルギーを起こすことなく使えます。

育毛成分などは全く入っていないので、まずこのシャンプーを使い続けて炎症やかゆみのない健康な頭皮環境を作り上げましょう。その後に育毛剤や育毛サプリを使って頭皮を強くしましょう。

まとめ

痒がっている男性

軽いかゆみがあったり、自分の頭皮がちょっと赤くなっていたりしていたら、間違いなく乾燥肌になりかけています。

今まで使っていた育毛シャンプーを見直して、しっかりと乾燥肌対策をしましょう。