育毛シャンプーで洗った後、ドライヤーを使わないと薄毛の原因に?!

ドライヤーの画像

僕は以前はあまりドライヤーを使っていませんでした。せいぜいタオルで髪の水気をある程度取って自然乾燥させていました。みなさんはドライヤーを使って乾燥させますか?たぶん全く使っていない人が多いと思います。

髪型がロングの人はドライヤーを使わないと、ずっと湿ってカビやイヤな臭いが発生するという感じがしますが、短髪の人は乾かす必要があるのか疑問に思ってしまいますよね?

「ドライヤーは髪を乾かすだけだろ?育毛に関係あるのか?」と半信半疑に調べてみると、以外にも深い関係性がありました。今回は洗髪後の乾燥する必要性や、オススメしたいドライヤーの選び方について話していきます。

洗髪後に自然乾燥させるのはNG!?

自然乾燥させる男性

洗髪後に必ずドライヤーで乾燥させないと、頭皮や髪に様々な悪影響を与えるようです。

まず濡れている髪はとても軟らかくなっており、わずかな刺激でも切れたりダメージを受けやすくなっています。また水を吸っているので普段よりも重くなっている髪は垂れさがり、結果として髪のボリュームを下げてしまいます。

たとえ育毛シャンプーにコンディショナー成分が入っていても、水分をある程度取り除かないと効果がありません。水分が含まれている髪はクセが付きにくく、しかも乾くとコンディショナーの効果も合わさってなかなかクセが取れなくなります。

また水分が頭皮に付着している状態で過ごしていると、頭皮の毛根付近は通常以上に湿気が発生している状態になっており、そのままでいると空気中の細菌が繁殖して知らず知らずに臭いの原因になったり、炎症を起こしてしまったりします。

短髪の人だとすぐに乾くから問題ないと思いがちですが、髪が短くても頭皮が乾燥するのにけっこう時間がかかっています。わずかな時間でも雑菌のが増えていき、乾燥しても細菌がずっと生き続ける場合があります。タオルでしっかりと乾燥させても頭皮には湿気が残っています。しっかりとドライヤーで乾燥させないと雑菌が繁殖します。

育毛効果のあるドライヤー?!

びっくりする男性

乾燥させること大切さがわかったところで、ドライヤーの方にも目を向けてみましょう。ドライヤーといえば、電熱線で温まった空気を送り、髪や頭皮に付着している水分を乾かさせるという仕組みが定番です。

高級なドライヤーとかは温風機能にマイナスイオン発生機能が追加している~とか、温風がものすごく強くなって、熱ではなく風圧で水気を飛ばす~とかぐらいしかドライヤーに出来ることってないんじゃないかなと僕は思っていましたが、今のドライヤーはさらに進化しているようです。

スカルプドライヤー」という名前の商品が発売されています。

スカルプドライヤー

普通に温風で乾かすことができますが、重要なのは「スカルプ(頭皮)モード」という機能があるということです。このドライヤーには遠赤外線装置が装備されており、「スカルプモード」では遠赤外線機能とより低い温度の風と毎秒3700回の振動で頭皮のマッサージを行いながら血行を促して、育毛剤の効果のサポートができるようです。

…スゴイですね。しかしながらこの商品の公式ホームページによると、高温の風を当てるとに大きなダメージが与えられるようですが、では高温の風は頭皮にダメージはないのでしょうか?ちょっと調べてみました。

ドライヤーは熱すぎると頭皮にダメージ!

ドライヤーの熱はJIS(日本工業規格)で室温が30度で吹き出し口から3センチメートルのところの温度が140度以下と決められていて、平均すると105℃ほどの温風がドライヤーから発せられます。

いくら熱いと感じられなくても、頭皮には人の体温以上の温風が吹き付けられています。この状態が長く続くと当たり前ですが頭皮は乾燥し、ダメージを負ってしまいます。頭皮の乾燥はフケや皮脂の過剰分泌を発生させます。

また、ドライヤーの熱を当てすぎると髪の毛のタンパク質が硬化を起こして髪の質が一気に落ちてしまいます。質が落ちた髪には細菌が付きやすく、炎症を起こす原因になり得ます。

頭皮にやさしいドライヤーは”風量が多いドライヤー”!

頭皮に負担なく乾燥させるためには熱よりも風量に注目するべきです。今最新のドライヤーは、3000円代でもパワフルな風量を発生させます。

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ。価格は 2,980円で、多くの高評価を得ています。ビックカメラで試しに使ってみると、5年ほど前に買ったドライヤーよりも2倍以上の風量を感じました。ただ掃除機と同じくらいの騒音が発生します。店員曰く「音はすぐに慣れる」とのこと。

要はドライヤーを新しいのに替えてみてください。ドライヤーってなかなか壊れませんよね。子供のころから使っているという人いませんか?昔のドライヤーは熱量が高すぎて頭皮にダメージを与えます。今すぐ買い替えるべきでしょう。お金に余裕がある方は先ほど紹介したスカルプドライヤーなど購入するべきです。

頭皮にやさしいドライヤーの使い方。

あまりドライヤーにはお金を使いたくない人でも、髪の乾かし方にひと工夫すれば、昔頭皮に与えるダメージを軽減することができます。

まず軽くタオルで水気を取って、髪をかき分けて頭皮が見れるようにしてドライヤーを持っている腕の肘が曲がらないように伸ばして、風を頭皮に当ててください。長く当てずに、ちょこちょことと風をあてる場所をかえて乾かしてください。完全に頭皮をカラッカラにしてはいけません。

最後に冷風に切り換えて、髪と頭皮を冷やしましょう。この工程を抜いてしまうと髪の暑さで皮脂や汗を余計に分泌させてしまいます。育毛剤はドライヤー後に塗布するのが最も効果的ですが、過剰な皮脂や汗のせいで育毛剤の栄養成分が十分に毛根に浸透できなくなる場合があります。

まとめ

悩んでいる男

ドライヤーだけでもかなりのこだわりが必要なようですね。もっと身の周りには見直さなければいけない箇所が多くあるようです。ただ良い育毛シャンプーを購入するだけではなく、いかにして日常生活に育毛をより促すことができる工夫、機能を入れ込むか考えていきましょう。