スカルプシャンプーは市販のシャンプーや育毛シャンプーと何が違う?

スカルプシャンプーって?

テレビや薬局、ネットでよく聞くスカルプシャンプーですが、「ドラッグストアとかで売られているシャンプーとは何が違うの?」と思ったことはありませんか?

そこでスカルプシャンプーの定義や育毛シャンプーや市販のシャンプーのそれぞれの特徴や違いをまとめました!シャンプーとして大事な要素である頭皮の汚れや皮脂を取り除く働き「洗浄力」のことや、洗いやすさにかかわる「泡立ちのよさ」、「価格帯」、「香り」などを挙げています。似ているようでけっこう違いがあるんですよね。

スカルプシャンプーとは”頭皮を健康にする”ために作られたシャンプーです。

頭皮

スカルプというのは、英語のScalpをカタカナ表記にしたもので、「頭皮のシャンプー」という意味になります。スカルプシャンプーの定義は非常に曖昧で、頭皮を優しく洗うことができればスカルプシャンプーと呼べます。

市販のシャンプーを使い続けていると頭皮環境が悪化し薄毛の原因になることがわかり、頭皮の事を考えたスカルプシャンプーという商品が生まれました。

スカルプシャンプーの特徴

スカルプシャンプーは薄毛やハゲには気にしていないけど、頭皮がアブラでテカつく人や、かゆみや細かいフケが出ている人向けです。

スカルプシャンプーに配合している洗浄成分は頭皮の皮脂を根こそぎ取り除くのではなく、少しだけ皮脂を残します。頭皮は残っていた皮脂から多く皮脂を出しすぎたと判断し、次第に皮脂分泌量を減らして必要最低限の皮脂しかない健康な頭皮環境を作り出します。また頭皮のかゆみやフケを抑える有効成分が入っている商品が多く、頭皮のトラブルを改善して予防する効果にも優れています。

またスカルプシャンプーは男性向きの商品が多いため、男性が良く好むシーブリーズのようなトニック系の匂いがする商品が多く、メントールなどのスーッとする成分がよく入っています。

ただ、スカルプシャンプーの洗浄成分はアミノ酸で構成されており、頭皮や髪もアミノ酸から作られているので非常に引っ付きやすく、シャンプーの原液をネットなどで泡立てずにそのまま髪や頭皮にベタ付けしてしまうと洗い流しにくくなります。いかに頭皮と同じアミノ酸でできている洗浄成分であっても長時間頭皮に付着していると炎症を起こしてしまうので、しっかりと洗い流さなければなりません。

またスカルプシャンプーの洗浄成分は非常に原価が高く、市販のシャンプーに含まれる洗浄成分の原価と比べると10倍以上の差があるため、スカルプシャンプーの価格帯は2000~4000円もします。

市販のシャンプーの特徴

市販のシャンプーはあまり薄毛やかゆみには悩んではいないけど、なるべく髪や頭皮の臭いで困っている人向きです。

メリットはやはりとても安いということですね、石油から作られた洗浄成分は原価が安くさらに大量生産によって非常に安く、価格は500ml(4~5か月分)で500~2000円ほどかかり、商品によっては業務用として1Lを4000円で購入することができます。

また大手企業は女性用化粧品やデオドラント系の商品開発部も併設していたりするので、香り成分にはかなりの工夫が見られます。タバコの臭いが髪にしみついている人や、花の匂いや香水のような上品な香りを漂わせたい人は使ってもいいかもしれません。

洗いやすさはピカイチです。わずかな量の原液でもあっという間に泡立って、しかもとても洗い流しやすいです。時間をかけずにサッとスッキリさせることができるのでお風呂がキライな人とか、夏などのよく汗をかく季節とかにはいいかもしれません。

しかし市販のシャンプーに配合している洗浄成分は、非常に洗浄力が強くなっており、髪や頭皮に引っ付くこともなくしっかりと皮脂や汚れを取り除けますが、頭皮の角質に含まれるタンパク質も取り除いて頭皮に大きなダメージを与えます。

過剰にタンパク質が取り除かれた頭皮は、さらに多くの皮脂を分泌するようになります。「皮脂を根こそぎリフレッシュ!!」とか書かれているような市販のシャンプーを使い続けている多くの人は、軽いかゆみがあったり脂っぽい頭皮になっていたりと知らずに頭皮のトラブルに遭っています。

育毛シャンプーの特徴

育毛シャンプーは現在進行中で薄毛やハゲに悩んでいる人向けの商品です。薄毛対策効果は抜群です。スカルプシャンプーに化粧水と育毛剤を加えたような商品です。

育毛シャンプーの特徴として、非常に多くの育毛成分が入っています。毛根の働きを促すとされるセンブリエキスやペプチドエキスなど、育毛剤で配合されているような優れた育毛作用を持つ成分が入っています。しかし、薄毛を改善させる効果に特化させており、また天然の薬草エキスやオイルが豊富に入っているので、ミントやミカンをかいだときのようなフレッシュな香りがします。

スカルプシャンプーと同じアミノ酸から作られている洗浄成分も入っていますが、さらに赤ちゃん用シャンプーにも使われているような、非常に洗浄力が低いベタインという成分が配合しています。この二つの洗浄成分は頭皮の汚れを取り除くだけではなく、頭皮の保湿を高めたりダメージを受けている髪を補修するというコンディショニング効果もあります。

育毛シャンプーのデメリットとして洗浄力が非常に低く、市販のシャンプーと同じような使い方では全く頭皮の汚れを取り除くことはできず、まるでリンスのような感じで泡立てネットを使って泡立てて髪につけないと、スカルプシャンプーと同じようにぬるっとした感触が残ります。また非常に高価であり3000円以上が普通で、商品によっては1万円を超えたりします。

各シャンプーの違いって?

虫眼鏡でパソコンを見る男性

スカルプシャンプーは市販のシャンプーよりも洗いにくく価格が高いですが、頭皮がかゆくなったりフケが出たときの頭皮のトラブルを改善する効果に優れており、育毛シャンプーよりは安く購入できます。

市販のシャンプーは最も非常に安く購入でき、二つのシャンプーにはないような様々な香りを楽しむことができますが、頭皮のトラブルを起こす可能性が高い商品と言えます。

育毛シャンプーは頭皮の健康を改善したり、毛根の働きを促して育毛効果があるなどの他の二つのシャンプーにはない様々な頭皮に良い効果があるシャンプーですが、他のシャンプーよりも非常に洗いにくくめちゃくちゃ価格が高いという玄人向きのシャンプーです。

オススメスカルプシャンプーの紹介

頭皮のトラブルを改善する効果に優れているスカルプシャンプーとして「ウル・オス 薬用スカルプシャンプー」と「コラージュフルフル スカルプシャンプー マリンシトラスの香り」をオススメします。

ウル・オス 薬用スカルプシャンプー



このシャンプーをオススメする理由として「潤い成分」が非常に多く配合しており、洗い上がりには髪はしっとりとして、頭皮は瑞々しくきゅっとしています。頭皮のトラブル改善効果も高く、かゆみやフケ改善効果は高めで育毛シャンプーと引けを取らないのに価格は1500円で購入できます。

育毛シャンプーは最低でも3000円以上はするので、もし育毛シャンプーに興味を持った方、スカルプシャンプーを初めて使う人はぜひこの商品を使って欲しいですね。

コラージュフルフル スカルプシャンプー マリンシトラスの香り



この商品は元々フケ・かゆみを改善することを目的としたシャンプーです。この商品に含まれる「ミコナゾール硝酸塩」という成分は非常に優れた殺菌効果をもち、頭皮に存在する雑菌の繁殖を抑えて、ひどい炎症やフケの発生を抑える効果も優れています。

価格は2,700円程でウルオスよりもちょっと高価ですが、小さいチリのようなフケが出ている人や、軽いかゆみが出ている人にはオススメです。

まとめ

各シャンプーの違いについてまとめました。スカルプシャンプーは市販のシャンプーよりはクオリティが高く、育毛シャンプーよりも試しやすい商品なのかなと思います。

2000円以上もするなんて高いと思われる人はいますが、スカルプシャンプーに替えるとかなり世界が変わりますよ。ぜひお試ししてみてください。