なんでタバコを吸うと薄毛になるの?タバコと薄毛の関係について

タバコを吸っている男性
「タバコは頭皮に悪い!!」なんて良く聞きますよね。僕もタバコをガバガバ吸っていた時もあるんですが、育毛シャンプーを使い始めた時に辞めることにしました。

しかし、飲み会の席では皆遠慮なく吸うんですよね…吸いたくなりますよそりゃあ。今回はそんな意思の弱い自分を律するために、育毛とタバコの関係について詳しく調べてみました。

ニコチンが頭皮の血行を悪化させる!

頭を抱える男性

喫煙者にとってこの「ニコチン」を摂取するためにタバコを吸っているようなものです。ニコチンを肺から血液へ吸収されていき、脳へ達すると、一時的な快楽を得ることができますが、このニコチンが頭皮に非常に悪影響を与えます。

ニコチンは血管が弛緩してしまう作用を持ち、身体の血行を悪化させてしまいます。頭皮の血行は他の身体の部位と比べると非常に悪く、タバコなどの悪影響を受けやすい特性があります。タバコを吸うことでニコチンと二酸化炭素を摂取し、頭皮全体に栄養が渡らなくなり、血管がタバコを吸わないときでも縮んでいきます。

タールの煙は頭皮に刺激を与えて薄毛の原因に?!

タールはタバコの葉など植物を燃やすことで発生する煙です。歯や肺を黒くさせる原因として知られていますが、タバコの煙を頭皮に触れると、タールが引っ付き、荒れ易くなります。しかも育毛シャンプーでもなかなか取り除けない成分でもあります。

タバコで男性ホルモンの量が多くなり毛根に悪影響が?

タバコを吸っている男性

タバコを吸うことによって、なんと薄毛・ハゲの原因の一つとされる男性ホルモンが増大したという事実があるようです。ハーバード大学の公衆衛生学部の調査により、タバコを吸うことで、男性ホルモンが10~30%増加するとのことでした。

男性ホルモンは頭皮の毛根の働きを阻害する効果があります。AGAという薄毛の症状をしていますか?AGAも男性ホルモンの働きによって毛根の働きを衰退させる病気であり、AGAと同じような症状を自分で頭皮に与えているということになります。

毛根の働きが衰退してくると細く短い髪しか育たなくなったり、抜け毛が増えていき、ゆくゆくは髪自体が生えなくなってきます。

タバコによって、頭皮の栄養素が奪われる?!

タバコの煙を摂取すると体内のアミノ酸を減少させます。アミノ酸は髪の毛をつくためには欠かすことは出来ない大切な成分です。またアミノ酸は頭皮にも必要な成分であり、欠乏すると皮脂を過剰に分泌されるようになり、最悪の育毛環境へ変わってしまったり、またアミノ酸は髪を作るための成分でもあり、タバコによって頭皮に与えられるアミノ酸が減っていくと質の悪い髪しか生成されなくなって最悪の育毛環境を作り出すようになります。

タバコによって失われる栄養はアミノ酸だけではなく、ビタミン」も破壊されます。ビタミンEという成分は、頭皮の血行を高める大切なビタミンとされていますが、タバコに含まれるニコチンはビタミンEを破壊する性質があって血行不良を起こします。

またビタミンCはニコチンを攻撃して排出させるために多量に消費されます。ビタミンCが不足すると頭皮の水分が保てなくなったり、角質生成機能が衰えてきます。医療技術分野で有名な大手企業である「ニプロ」のページで喫煙者は非喫煙者の2倍のビタミンが必要になるほどの栄養が損失されるという報告がありました。

喫煙者に不足するビタミンC

タバコを吸うことによって、ビタミンCが多量に消費することはよく知られていることですが、なぜタバコを吸うことでビタミンCが消費されてしまうのでしょうか。
タバコを吸うことで、ニコチンなどの多量の有害物質が体内に送り込まれ、それを攻撃するために多量の活性酸素が発生します。その活性酸素と戦うために消費されるのがビタミンC等なのです。
また、体内に入ってきた有害物質を代謝して無害化するための酵素が分泌されるのですが、有害物質とビタミンC等のビタミン類の識別が難しいため、結果的に多量のビタミンが失われることになるのです。

出典:「軽く考えていませんか?「タバコの健康被害」|すこやかネット|NIPRO-ニプロ株式会社- 「その技術は、人のために。」 」

体に良いビタミンまで排出されてしまうなんて、そこまでニコチンなどのタバコに含まれる成分が吸収されると、どんなことをしても体外に出さないといけないと身体が危険信号を出しているのかわかりますね。

タバコを辞めれば薄毛は治るという訳ではない!

タバコは頭皮や毛根にに悪いということが分かりましたが、きっぱりと死ぬ物狂いで禁煙すれば薄毛を改善できるという訳ではありません。禁煙時のストレスは普通の人が感じるものよりも何倍もヒドいようです。

タバコを吸うことで、ドーパミンという快楽を与える物質がに一気に生成されます。この大量生成が行われると、ドーパミンを生成する器官が弱ってきます。

ドーパミンは運動や、ある問題を解決したり、お風呂に入ってリラックスするときにも生成されますが、タバコ以外ではドーパミンが生成されなくなります。つまり常にストレス環境に置かれるということになります。

ストレス環境に置かれるということは、男性ホルモンが多く分泌されるようになり、禁煙初期には抜け毛が増える場合もあります。

タバコを辞めるだけではダメ!他にするべき改善法

前述したように、ただタバコを止めるだけだとストレス地獄で薄毛が悪化していきます。禁煙をしてさらに薄毛を改善させるために以下のことを実践しましょう。

運動を行う

筋肉を動かしたり、汗を流して代謝を高める運動は血行を高めてストレスを取り除けたり、ドーパミンを生成されるようになります。禁煙初期では血行が悪くてすぐに筋肉に大きな負担がかかり、またドーパミンの生成もされないのでかなりイライラすると思われます。わずかな時間でもいいので毎日運動をしましょう。

お風呂に入って血の巡りを良くする

血行を高めるだけでも十分にストレスを取り除くことができます。そこまで熱い温度で入るのはのぼせてしまうのでNGです。オススメなのはサウナのように一旦体を冷まして再びお湯につかって体を温めることで、体内の自立神経を整えてストレスや不安を和らげることができます。

食生活を整える

一番手軽な方法ですが、最も難しい方法です。禁煙時のストレスを解消するために大量の食べ物を摂取してしまう人は非常に多くいます。特に脂質などの吸収するだけでドーパミンが生成されるものを多く摂取してしまいます。なるべくガムや野菜、こんにゃくなどの腹にたまる系の食事を心がけましょう

まとめ

タバコは頭皮に悪影響を与えるものでしかなく、喫煙はストレス解消になったり、禁煙すると逆にハゲそうと思ってしまいますが、ハゲたほうが絶対ストレスが溜まります。絶対に禁煙しましょう。