ただ寝るだけではダメ!!育毛のための正しい睡眠の仕方について

寝不足な男性

「寝不足は薄毛の原因になる」など、睡眠と育毛の関係についてある程度知っていて「早く長く寝ることが育毛に良い効果を与える」と考えている人は少なくないと思います。

しかし、ただ寝ることが大切という訳ではありません!大切なのは睡眠の質と寝る時間が大切のようです。今回はよりよい育毛効果をもたらす睡眠方法について調べてみました!

睡眠と育毛の関係

寝る男性

まず、睡眠と育毛には成長ホルモンの作用が関わってきます。成長ホルモンの主成分はアミノ酸で、脳の脳下垂体から分泌されて各器官や臓器の代謝を促す効果があります。

思春期の時が最も成長ホルモンの分泌量が多く、思春期以降になると一気に成長ホルモンの分泌量が減少していきます。成長ホルモンの役割は成長期には骨や筋肉の発達を促し、青年期以降になると代謝や血行を促す働きにシフトして行きます。

毛根の働きにも関わるようになり、髪の質や髪の成長サイクルにも関わってくるようになり、いくら育毛剤や育毛サプリを摂取しても成長ホルモンが年齢とともに不足していくとうまく効果が出ない場合もあります。

また紫外線や細菌などの刺激によって、頭皮は毎日傷ついていますが成長ホルモンはそのダメージを修復し、頭皮環境を整える役割を持っているのです。しかし、この成長ホルモンは睡眠しているときだけにしか分泌されず、だからと言って長く寝ることで成長ホルモンを多く得られるというわけではありません。

睡眠は時間ではなく質にある。

睡眠の質は成長ホルモンの分泌量に深く関係があります。長時間寝続けることが大切ではなく、成長ホルモンの分泌が行われるのは夜10時から深夜2時の間だけといわれており、いくら長く寝ていても肩や首筋の血管を圧迫してしまい、結果的に頭皮の血行を悪くさせてしまうことになってしまいます。

この血行の悪化により「頭痛」が起きるときがあります。寝すぎて頭痛になったという人は、頭皮は「貧血」になっている状態であり、血液が十分に毛根に届いていないので実は育毛に悪い影響を与えています。

同じ睡眠時間を守ることが大切。

成長ホルモンは一定の周期、タイミングで分泌したほうが安定します。つまり毎日、同じ時間に就寝をすることが大切です。

同じ時間に寝るということは睡眠の質にも関わってきます。ブレのない体内時計を作りだすことで、眠りやすくなり、また起きやすくすっきりとした朝を迎えることができるようになります。

寝る前の軽いストレッチもオススメ。

ストレッチする男性

また睡眠の質を高めるためにオススメなのは軽いストレッチをしてみることです。軽いストレッチを行うと体温が少し上昇して、就寝時にゆっくりと体温が下がっていきます。この体温の下がりに、睡眠の質を向上させるカギがあります。

人間はゆっくりと体温を下げていくと、自然と眠気がやってくるようになっていく性質があり、寝る前に軽いストレッチを行って少し体温を上げることですんなりと深く熟睡できるようになります。

床に就く前に寝る準備を丁寧に行えば、しっかりと熟睡できる。

毎日決まったことを寝る前にするというのも熟睡するためには必要です。歯磨きやパジャマに着替えるなど、なるべく同じ時間に同じ行動をすることで体が覚えて眠気がやってくる「スイッチ」を作ることができます。

就寝する1時間前には一切脳の刺激になるものを控えるのも大切であり、スマホや動画などの情報は脳を働かせてしまい興奮状態にさせてしまいます。イロイロしたくなるのはわかりますが、やめときましょう。